SGSのサービス内容

スイスのジュネーブに本拠地を持つSGSは、日本では神奈川県横浜市に本社があります。

事業内容は、各種検査、検証、試験、認証の業務です。取り扱うのは品質、食品、環境エネルギー、セキュリティー、化粧品、医薬品、医療機器など幅広い範囲です。またケミカルラボラトリーとして、食品理化学検査サービスや環境負荷物質などの化学分析なども行なっています。

横浜の本社内にてISO17025の認定を受けていて試験所としての要件を満たしている点もメリットの一つです。SGSの日本での設立は1922年と古く、1987年に現在と同じ株式会社の形態で運用するとようになりました。全世界的な第三者認証機関としては売上高がトップクラスで、多くの認証を行なっています。

国内では食品安全マネジメントシステムの認証サービスでナンバー1の実績があります。SGSを選ぶメリットとしては幅広い対応範囲による複合審査ができることです。最近では企業に必要とされるマネジメントシステムの構築が複数に及びます。それらの審査を別々に行うことは、リソースや時間を無駄に使っていることになります。

重複する要求事項もあることから、同じ審査機関に同時に実施してもらうことで、効率よく運用することが可能です。そのため多くの認証を手がけるSGSでは、複合審査によって短期間で効果的に認証をすることができます。これは企業にとってコスト面でも時間でもメリットになることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *