SGSを説明します

SGSは、日本で初めて全世界でのSQF認証を行っている認証機関のことです。

食品業界の認証で有名です。食品分野の認証もSQFに限らずISOなど多くの認証体系を手掛けています。国際的な第三者認証機関として認定されており、全世界に1650か所以上の事業所と研究所があり、80,000人以上の社員がいます。SGSでは企業の製品、生産工程、システム、サービスが国際的な規格や顧客が定めた規格を満たしているかを実証し認証します。

そのほかにもSGSでは取引商品の状態と重量点検などの『査察』、製品の品質・安全性・性能を調べる『検査』、全材料から最終商品まで製品とサービスが世界の規格と規則に適合しているかを調べて保障する『検証』を事業としています。対象としている業界は多岐にわたっており、農業と食料業界以外にも自動車・航空機製造・化学産業・建設業・消費財と小売業などにもおよびます。特に農業と食料の分野においては『監査と認証』以外にも、さまざまなサンプリングと検査、化学分析などを手掛けています。

それは土壌の調査や植物の組織検査、水質検査、土壌分類や生体毒性学の研究など広範囲のサービスを提供しています。食品に接触しているパッケージなどの検査も行っており、全世界の食料の安全性を保障してくれていいます。これにより、消費者の健康と安全が保たれているので、重要な認証機関です。さらにRECHやROHSの規制物質の分析にも力を入れており、電機業界にも貢献しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *