化学分析は専門の会社に委託する事も可能です

化学分析とは物質中に含まれる成分の種類や分量を解析する事を指します。

この方法としては、成分として含まれているか否かを判断する定性分析と、その成分の分量を測定する定量分析があります。近年の分析機器は、定性と定量の両方を分析できる機器が一般的となっています。この分析機器には、クロマトグラフィーや電気泳動法などの分離法、UVやIRなどの分光法、ボルタンメトリーなどの電気法といった方式の機器があり、対象の物質に応じた測定方法が用いられます。

こうした化学分析は、化学工業・医療・食品・環境など、幅広い分野で必要とされています。企業の研究部門や品質管理部門等で、頻繁に行う必要がある場合には、対象物質に応じて最適な分析機器を自社で導入し、機器操作に習熟したエンジニアを育成している事も少なくありません。化学分析は専門外的要素の強い電気・電子機器メーカー等においても、ヨーロッパの環境規制であるRoHS10物質の分析等が必要な時代となっています。

大手企業では自前で機器を揃えて、専従者を置いて行っている企業も少なくありません。しかし中堅・中小のメーカーや、電気・電子機器メーカーに部品を納入する企業では、自前で機器を揃えて分析する事は難しいのが現状と言えます。そんな化学分析が必要だけれど、自前で機器を揃え、専従者を置く事が出来ない場合には、分析を専門とする会社が多数あり、こうした会社を活用するのがお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *