高まる化学分析の必要性

これまで産業分野で利用されていた物質が、研究の結果、人体や環境に悪影響を及ぼすことが判明したというニュースは珍しくなくなっています。

石綿に発がん性があるニュースなどはかなり有名な部類に入りますが、石綿もかつては理想の難燃性建築材として重用されていたのです。近年になって技術が進み、物質の分子構造まで制御が可能になりつつあり、すぐれた性能を持つ新物質が開発され、私たちの周囲にも広がっていますが、こうした物質にも有害性の指摘、あるいは懸念が表明されているものが少なくありません。

最近では予防的措置として、有害性が予想されるだけで厳しい規制がかかるようになっており、利用する側の企業でも化学物質の管理は重要となっています。こうした背景を受けて、様々な物質の分析を行う化学分析の重要性は大きくなってきています。しかし、最近では非常に複雑な構造を持つ化学物質も規制対象となってきており、これを自社分析できる企業はほとんどありません。国際的な規制をクリアできるだけの信頼性ある化学分析が行える会社にサンプルを提供して分析を依頼しなくてはなりません。

国内だけでも化学分析を専門にする企業は多数あり、それぞれが特殊な分析機器と技術者を擁していますので、化学分析が必要となったときは、自社で分析を必要とする物質の扱いを得意とする企業を探して依頼してみましょう。その際、問題とされる物質の管理、取扱いについても有用なアドバイスが貰えることも期待できるため、できれば長期的な契約をして、自社が扱う物質の安全管理をいつでも相談できる態勢を構築できれば理想的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *